JP EN
FIFA女子ワールドカップ2023の招致意思表明書をFIFAに提出
2019.03.15

公益財団法人日本サッカー協会は3月12日付で、「FIFA女子ワールドカップ2023」の開催地として立候補するための意思表明書を国際サッカー連盟(FIFA)に提出しました。この度の意思表明書の提出は、FIFAが定める招致活動のプロセスにおいて最初の手続きとなります。今後、下記の日程で招致活動を進めていく予定です。

FIFA女子ワールドカップは、1991年に中国で第1回FIFA女子世界選手権が開催され、2003年大会よりFIFA女子ワールドカップに名称を変更。本年6月7日から7月7日までフランスで第8回大会が開催され、2023年大会は第9回となります。日本は第1回大会から連続して出場し、2011年には優勝、2015年には準優勝を果たしています。

FIFA女子ワールドカップ2023 招致活動に関するスケジュール

2019年3月15日まで 「意思表明書」をFIFAに提出
2019年3月18日 FIFAが招致登録ならびに概要書類を意思表明国に送付
2019年4月16日まで 大会招致意思の再確認、招致登録書をFIFAに提出
2019年4月18日 FIFAが招致及び開催に関する書類を招致登録国に送付
2019年10月4日まで 招致及び開催に関する最終書類、開催合意書などをFIFAへ提出
2020年3月 FIFAカウンシルにおいて開催国を指名(予定)
「2023 私の夢」 投稿フォーム
2023年、FIFA女子ワールドカップを日本で!
招致スローガン「Time To Fly」に合わせ、あなたが2023年に向けて叶えたい夢を募集します。
ぜひご投稿ください!
ニックネーム(10文字まで)
年代
私の夢(200文字まで)
好きなキャラクターを選んでください
お送りいただいた内容は招致事務局の確認後、今サイト・招致イベント等で掲載いたします。